WooCommerceで最終確認画面が作れるおすすめのプラグイン【2022年6月改正特商法に対応】

「WooCommerceって最終確認ページがないんだよな〜」「2022年6月に改正された特商法にどう対応しよう…」と困っている方が多いと思います。

そうなんです。WooCommerceは海外製のプラグインであり、海外では確認画面がないのが普通のため、最終画面を生成する機能がデフォルトで備わっておりません。

そこで今回は、WooCommerceで最終確認画面が作れるおすすめのプラグインをご紹介します。

WooCommerceで最終画面が作れる無料のプラグイン

WordPress公式ディレクトリ

確認画面が作れる無料プラグインは、「Cart Checkout Confirmation」です。

こちらのプラグインはWordPressの公式プラグインにあるため、無料であり、WordPress公式より厳しい審査を通過しているため、安心もできます。

機能

「Cart Checkout Confirmation」の機能は下記となります。

  • 確認画面(ポップアップ表示)の生成

ダウンロード方法

ダウロード方法は簡単であり、他のプラグイン同様、管理画面のダッシュボードより「Cart Checkout Confirmation」と検索をし、紫色のアイコンが目印の当プラグインをダウンロードするのみです。

その後、プラグインを有効化することで、プラグインが使用可能になります。

メリット

メリットとしては、確認画面が作れることです。

デメメリット

デメリットとしては、

  • 確認画面の表示される項目が変更できない
  • この状態ではまだ2022年6月に改正された特商法に対応していない(支払の時期・方法などの必須項目が追加できない)

ただご安心ください。

実はこちらのプラグインには、Pro版の「Cart Checkout Confirmation Pro」というのがあり、こちらの場合、表示される項目も編集できるようになり、特商法にも対応できるようになります。

Cart Checkout Confirmation Proについて

Cart Checkout Confirmation Pro」は、当ストアANDShopが提供している有料プラグインです。

ダウンロード方法

機能

「Cart Checkout Confirmation Pro」の最新版では下記機能に対応しております。

  • 確認画面の表示される項目を簡単なドラッグ&ドロップで変更
  • 2022年6月に改正された特商法に対応
  • 確認画面がポップアップ表示のみではなく、ページを生成することも可能
  • 「請求処理」という言葉の削除
  • WooCommerceの「注文する」という文言を「確認画面に進む」などに変更
  • 確認画面のボタンの色の変更

かなり機能面としては充実しております。

ダウンロード方法

ダウンロードは、こちらより購入後可能です。

Pro版は無料版(Cart Checkout Confirmation)がダウンロードされ、有効化されていないと機能しませんので、ご注意ください。

ただ最初は無料版をダウンロードすることをおすすめします

ただまずはどんな管理画面になるのか気になる方が多いと思いますので、初めに無料プラグインをダウンロード後に、もし良さそうだと感じた場合は、有料版をご検討することをおすすめいたします!

【2021年最新版】無料WordPressテーマおすすめ3選!

最近はWordPressによって作られているサイトを数多く見かけますね!

今回はそんなWordPressを使う上で必要な無料のWordPressテーマを、現役のWordPressエンジニアがご紹介します。

では見ていきましょう!

WordPressおすすめテーマ3つ

1. Neve

一つ目のご紹介は、Neveです!

こちらはヘッダーやフッターがノーコードのような動きをするため、非エンジニアの方にとってはとても馴染みやすいと思います。

デザイン性も高く、サイトスピードも早いです。

2. Astra

二つ目のご紹介は、Astraです!

こちらはカスタム性が高い上に、SEOがかなり強いです。

また他のプラグインなどとも相性が良く、自由にテーマを使ってみたいという方には最適です。

またエンジニアの方にはフックなども用意されているため、子テーマでいろんなことができます。

3. Color Mag

三つ目のご紹介は、Color Magです!

何それ?と思われるかもしれませんが、オウンドメディアを作成したい方には最適のテーマです。

とてもデザイン性が優れており、SEOもいいです。

セットアップも比較的簡単ですので、メディアにより集客をしたい方はこちらを使ってみるのはどうでしょう!

どうやっていいものを見極めるの?

ではご紹介してきましたが、その選定基準をご紹介します。

こちらは実際にWordPressテーマを現役のエンジニアが扱う際に見る点ですので、ぜひご参考にしてください!

下記が見ていた点です。

  1. レスポンシブ対応している
  2. ダウンロード数
  3. SEOが最新の設計になっている
  4. 日本人フレンドリー
  5. デザインがおしゃれ(笑)

ぜひご参考にしてください!

まずは使ってみよう!

以上がご紹介になります。

まずは使ってみることに越してことがありませんね!

現在WordPressのテーマは海外製のものが多く、初めてWordPressを使うのには抵抗を感じるかと思います。

その場合はWordPressの公式テーマを使用しましょう。

そこから何が足りないか、どんな機能がもっと欲しいかがわかるかと思いますので、そこからいいテーマを探しいくのでもいいと思います。